腰の症状

画像の説明

坐骨神経痛

坐骨神経痛の名前が示すとおり、坐骨神経が圧迫されることによって生じる神経痛を坐骨神経痛と言います。
坐骨神経とは腰椎、仙骨から出ておしりの筋肉の下を通り、下肢まで通っている人体の中で最も大きい神経です。
坐骨神経痛は、この坐骨神経が圧迫などの障害を受けたため、腰・臀部~下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。
多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因と言われていますが原因は様々です。
他には、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症などが坐骨神経痛を引き起こす原因としてあげられます。

腰椎椎間板ヘルニア

腰やおしり、足にかけての痛みやしびれが出てきます。
背骨を構成する1つひとつの骨を椎体といい、そのうち腰の部分にあるものが腰椎で、腰椎と腰椎の間にあってクッションの役目をしているのが椎間板です。
椎間板の中心にはゼラチン状のものがありますが、加齢とともに弾力性を失います。
この椎間板の亀裂から、椎間板の中心部分であるゼラチン状のものが脱出し、神経を圧迫してこのような症状が出てきます。
20~40歳代に多く、男性が女性より2~3倍多く中には、重いものを持った際やくしゃみなどをきっかけに発症することもあります。

急性腰痛症(ぎっくり腰)

急性腰痛症とは突然のように痛み出す腰痛のタイプの1つで、代表的なものには、ぎっくり腰があります。
重い物を持ち上げる時や、急に腰を捻る動作をした時などに発症します。
腰がその動きや負荷に耐えられず、何らかの形で支障をきたし、痛みが生じます。
急性腰痛症は腰の痛みが関係しますが、腰のどの部分が痛むか、原因がどこにあるかは人によって、そのケースによって異なると言われています。
当院では、骨格のゆがみや筋肉の緊張をとる治療や、鍼灸での局所治療を行い早期回復を目指しています。

脊椎分離症(すべり症)

腰椎が疲労骨折した状態で、主に第4腰椎と第5腰椎に起こります。
10歳台前半などの若い世代に激しいスポーツを行っている人に多く見られます。
分離した腰椎と、その上の腰椎の連結がなくなって不安定になり、周辺のじん帯や筋肉に負担がかかります。
そのため長時間同じ姿勢で立っていると負担が集中して痛みが生じます。
また椎間板をはさむ腰椎の間隔が狭まり椎間板ヘルニアになることもあります。
分離した腰椎が前方へ押し出されるようにすべったものをすべり症といい、神経症状の原因となったりします。