脳血管障害後遺症

画像の説明

脳血管障害とは?

脳の血管に突然起こる障害の総称で、一般病名としては「脳梗塞」、「脳出血」、「くも膜下出血」などがこれに含まれます。
食生活改善や有酸素運動を生活に取り入れ、健康管理により脳卒中の発生を予防し、また早期発見から救急医療により死亡率を下げると同時に、リハビリテーションにより、その人らしい生活が送れるように取り組んでいくことが必要であるといえます。

脳梗塞によって失われた機能をリハビリによって100%回復することは、現実にはなかなか難しい事と思われます。
一度死んでしまった脳の神経細胞それ自体は、残念ながら回復が不可能であり、リハビリで脳梗塞で失われた機能そのものを再生することはできないからです。

ただし急性期・回復期の段階で適切なリハビリを集中的に続けることによって廃用症候群を防ぐと同時に、日常生活動作の相当部分を回復させて、その後の自宅における自立した生活につなげていくことは可能です。

医学的なリハビリは、脳梗塞発症直後~3週間までの「急性期」、病状安定後から3~6ヶ月程度までの「回復期」、それ以降の「維持期」の三段階に分かれています。
一般に急性期のリハビリは病院で、回復期のリハビリはリハビリ病棟や専門施設で集中的に行われます。
維持期は自宅療養となります。

急性期のリハビリ

病後の寝たきりなどによる廃用症候群(安静によって生じる筋・関節・臓器の退行性の変化、臨床症状)の予防が目的となります。
具体的には手足の関節を動かしたり、寝たきりによる床ずれを防ぐための体位変換などが行われます。

回復期のリハビリ

急性期病棟でなく、回復リハビリ病棟で行われます。
日常生活で必要な食事・歩行・排泄など身体機能の回復に力点が行われ、さまざまな訓練が実施されます。

維持期のリハビリ

主に自宅を中心に、日常生活を営みながら行ないます。
回復した身体的機能の維持が目的となり、生涯にわたって終わりなく行うことになります。

一般に脳血管疾患のリハビリは、発症から6ヶ月程度までが効果的に実施できる(回復が見込める)期間とされており、その後は回復の程度に応じて、医療保険や介護保険で用意された外来(訪問)リハビリや通所リハビリなどのサービスを活用しながら、自宅でリハビリを行うのが一般的です。

長期的なリハビリの成果をより良いものにしていくためには、リハビリの質もさることながら、ご本人にとっても家族にとっても長期的なリハビリに取り組んでいくための心の準備が欠かせません。
リハビリを進めていく上で、患者さまの体調やメンタルは刻々と変化します。
できる限り患者さまの身体や心の状態を的確に把握した上で、適切なリハビリを進めていきたいと考えております。
そのため、ご家庭での様子などでお気づきの点はぜひ積極的にお知らせいただきたいと思います。

当院では、この維持期の通院困難な患者さまのご自宅に伺い、マッサージや鍼灸をおこない、リハビリの目標を高く設定し過ぎることなく、患者さまの意識と身体に負担を与えないスケジュールで進めつつも、しっかりとした手応えを感じていただきながら長期的に前進していけるリハビリを実践し、筋麻痺や関節拘縮の予防・改善にも取り組んでいます。

訪問エリア

大阪市(天王寺区・中央区・生野区・阿倍野区・浪速区・西成区・東住吉区・住吉区・平野区・住之江区、等)、八尾市、東大阪市、大東市、柏原市、堺市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、 等々、直線距離で8km範囲内で訪問しております。詳しくはお問い合わせ下さい。

わからない事があれば、お問い合わせ下さい。